人間の住環境に適応できるキイロスズメバチは蜂の巣駆除が有効

キイロスズメバチは人間の住環境に住み着きやすい

近年、蜂による被害が拡大しています。特に、凶暴な性格で猛毒を持っているスズメバチが都心部で猛威を振るっています。その中でも、キイロスズメバチ・コガタスズメバチといった種類は、人間の住環境に適応して、住宅の軒下や屋根裏などに場所を選ばず蜂の巣を作ることができます。群れで活動していますが、個体数が増えると新たに蜂の巣を作る習性を持っているため、刺害事故が多発する原因となっています。
人間の生活圏に入り込めるので、都心部で拡大している蜂の被害の多くが、キイロスズメバチ・コガタスズメバチによるものとなっています。

蜂による被害は年間数千件!?

蜂は沢山の種類がいますが、刺害事故の大半はキイロスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチによるものです。日本全国の被害件数を合わせると、年間に数千件にものぼると言われており、1日に平均で2〜3件発生している計算になります。
特に夏は精力的に動き回る時期で、凶暴性を増すために、夏になると被害件数が増加します。気温が上昇すると共に、蜂の個体数も増加するため、蜂の巣の数も多くなります。被害件数が多発している自治体では30件以上発生しているところもあり、被害を受けた多くの方が病院で薬を処方されています。"

毒がなくなるまで何度でも刺してくる

通常、蜂の攻撃方法は相手にぶつかった瞬間に毒針を刺して、引き抜いたあとに相手から離れることが一般的です。しかし、キイロスズメバチは、毒針を刺した直後も体勢を立て直して、攻撃してきます。さらに、飛行中でも毒液をまき散らすことができるので、距離を保たないと攻撃を受けてしまう可能性があるのです。
攻撃の方法は相手にしがみつき、強靭な顎で噛み付いてきます。ミツバチの毒針のように一度しか刺せないわけではないので、噛み付いたまま何度も毒針を相手に刺すことができます。
そのようなキイロスズメバチに刺されると、どのような症状が起こるのかみてみましょう。

万が一刺されてしまった場合は何科を受診すれば良いの?

もし刺されてしまった場合は、病院で治療してもらうことが重要です。内科や外科でも対応できるかもしれませんが、キイロスズメバチに刺されてしまった場合は、「皮膚科」を受診してください。

申し込み〜駆除までの3ステップ

キイロスズメバチは非常に危険ですから、業者に依頼して退治したり、蜂の巣を撤去してもらったりしましょう。申し込み〜駆除までの流れを紹介します。